特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Wave開発中止へ。サービス提供も今年末で終了に。

ついに墓標が立つことに...。

新しもの好きの期待を一身に集めた昨年5月の発表、そして10月の一般公開から1年弱。リアルタイムメッセージング&コラボレーションツール「Google Wave」の開発終了がGoogle 公式ブログで発表されました。サービス提供は年末まで続ける予定とのこと

リアルタイムで、自分の入力した日本語が他の言語に翻訳されたときの21世紀感。目新しさついでに米lifehackerの編集長・Adamにメッセージを送ったら、翌日返事が来たことなど...走馬燈のように思い出されます。

ちなみに、開発終了の理由は「想定ほどユーザーに使って貰えなかった」と述べられています。しかしながら、Waveで培った技術やノウハウは他のGoogleプロジェクト用の技術として拡張され、ユーザーが自由に使えるツールとなるそうです。

Waveの革新的な機能である、コードの一部とプロトコル...例えばドラッグアンドドロップや、多人数による同時タイピング、などは、すでにオープンソースとして利用できます

よって、ユーザーはそれらの機能を継続して使用可能です。さらに、我々はユーザーが「自由に」コンテンツをいじれるツールの作成にとりかかっています。

Google Waveの起こした波が、いつまでもWebの大海の中で伝わり続けるのでしょうか。

Kevin Purdy(原文/常山剛・松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next