特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone 4:diNovo Miniも使えます

みなさん、iPhone 4は手にできましたか?

私は、田舎住まいなので、並ぶ、待つはほとんど無く、予約で難なく入手できました。それにしても、iPhone 3Gからの機種変だと、何をやっても快適で文句なしです。

さて、積極的にはアピールされていませんが、iPhone 4にも搭載されているiOS 4から、Bluetooth接続のキーボードが使えます。GIZMODOでは、折りたたみ式のキーボードが紹介されて、売れ行き2倍になったとニュースになる程、一部では話題になっています。後に続けではありませんが、購入以来、眠らせていたLogicoolのdiNovo Miniでの使い心地と使いこなしのコツをご紹介します。

続きは、以下で。

iPhone 4のBluetoothをオンにして、diNovo Miniの電池蓋を開けて、赤い接続ボタンを押します。しばらくすると、パスキーの入力が求められるので、iPhone 4の画面に表示された4桁の数字を入力します。これで接続完了です。

使ってみると、拍子抜けするほど、普通に使えます。

入力モードの切り替えは、左側のWindowsキー+スペースで行え、変換候補の選択は、スペースキー、そして、エンターキーで決定です。また、Bluetoothキーボード接続中は、ソフトキーボードが表示されない気の利きようです。diNovo Mniは、碁盤の目ようにキーが配置されているので、慣れるまで少し時間がかかりますが、小さくて持ち運びが楽で電池も結構持つので、鞄に入れておけば、長くなりそうなメールでもiPhoneで返事ができそうです。

100620_btkb02.jpg

これで終わると、単なる紹介なので、使いこなしのコツをご紹介します。

スマートフォンで、外付けキーボードを使う場合、本体の固定場所に困りますが、diNovo Miniはフタ兼のプロテクトカーバーがあるので、そこに本体が置けます。単に置くだけでは、斜めに持った時に、滑り落ちてしまうので、私は髪留めのゴムを百均で購入して、フタと本体を固定しました。これで、キーボード付きiPhone 4が出来上がりと言うワケです(笑)。

いかがでしょうか?

diNovo Miniは、少々値が張りますが、これとの組み合わせも以外に使えます。興味のある方はお試し下さい。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next