特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Chrome(開発版)で拡張機能の同期を有効にする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL

以前第一報をお届けしたとおり、Chromeユーザが待ちに待った、拡張機能の同期がいよいよ実装されました。Chrome(開発版)で、拡張機能の同期が有効にできるそうです。

Chromeではブックマークやプレファレンス、テーマの同期はすでに実装されていましたが、Chrome(開発版)のみですが、ようやく拡張機能も同期できるようになったとのこと。これを有効にすれば、Googleアカウントでログインするだけで、どのマシンでも同じ拡張機能を使うことができます。

では、具体的な手順に移りましょう。

まず、Chrome(開発版)をインストールする必要があります。ちなみに、「開発版」ですので、いくつかのバグの可能性については、ご承知おきを。

インストールできたら、ショートカットを右クリックして、「Properties(プロパティ)」を選択し、「Target」の項目に「--enable-sync-extensions」と加えましょう。こうすれば、ショートカットでChromeを立ち上げると、拡張機能の同期が有効になります。

100618chrome-sync-extensions2.jpg

MacでコマンドラインからChromeを立ち上げるのは、これに比べて少し複雑ですが、Mac系ウェブサイト「MacOSXHints」のこちらのページ(英文)にあるスクリプトを使えば、各種機能を有効にした上で、Chromeを立ち上げることができます。Chromeを立ち上げたら、アイコンをクリックし、メニューの「set up sync」を選んで、ようやく拡張機能の同期が有効になります。

今後は、Chrome(正式版)への実装が待ち望まれるところですが、「今すぐ使ってみたい!」という方は、とりあえずChrome(開発版)をこちらのページから、ダウンロードしてみてくださいね。

Dev Channel Update [Google Chrome Releases via #tips]

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next