特集
カテゴリー
タグ
メディア

Safari 5にも対応の、広告サイトをブロックする優れものアドオン「AdBlock」

  • カテゴリー:
  • TOOL

Safari 5がリリースされたばかりですが、すでにいくつかの機能拡張も出ています。中でも、Chromeのアドオン「AdBlock」の、Safari版がオススメです

以前、Safariへアドオンを追加する方法はご紹介しましたが、一度インストールしてしまえば、後は本当に簡単です。Safari版のAdBlockのページにアクセスし、機能拡張をダウンロードします。ダブルクリックしてインストールしたら、それでOKです。特に再起動の必要はありません。

インストールが完了すると、SafariのツールバーにAdBlockのボタンが、新たに表示されます。そのボタンをクリックすると、AdBlockの設定編集画面に行きます。どの広告をブロックして、どの広告はブロックしないのか、フルでカスタマイズすることができます。AdBlockを使うのをやめたい時や、アンインストールしたい時は、Safariの設定の機能拡張から、操作してください。

ちなみに、これはChromeのAdBlockをSafari版にしたものですので、ブロックする広告もChrome版がリリースされた当時の状態です。Safari 5がリリースされた、現時点のものではありません。スクリプトタグ自体をブロックするので、結構いい働きをすると思います。

常日頃、広告サイトはホワイトリストに登録するように、勧めています。広告サイトは邪魔で煩わしいものが多いので、AdBlockはかなり助けになると思います。ですが、このサイトも友だちのブログも、無料で楽しむことができるのは、広告のおかげでもあります。そういう意味では、何でもかんでもブロックするのではなく、自分が興味を持ちそうな広告は、見てみると有用なこともあると思いますよ。

AdBlockは無料の機能拡張で、すべてのSafari対応です。

AdBlock for Safari [via #tips]

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next