特集
カテゴリー
タグ
メディア

Androidのユーザー辞書に登録された不要な単語の削除方法

Androidには、タッチ入力を補助する、使い勝手の良いテキスト機能があります。しかし、時折、この単語はいらないんだけどなあ、というものが、変換候補として表示されること、ありませんか? そこで今回は、登録されてしまった不要な単語の削除方法を、ご紹介します。

Nexus One、Droidなどの多くのAndroidであれば、設定からユーザー辞書へと飛べます(設定>言語とキーボード>ユーザー辞書)。米Lifehacker読者、Mr_Bloggeriffic氏によると、HTC Sence UI搭載のスマートフォンでは、この機能を設定から探すのが大変だそうです。しかし、キーボードからであれば、カンタンにたどりつけます。

もう皆さんは、気づいているかもしれませんが、ユーザー辞書は、マイクのアイコン(speech-to-textボタン)からアクセスできます。

長押しして、タッチ入力設定メニューへ飛び、「ユーザー辞書」をタッチすれば、意図せず登録されてしまった、入力ミス単語などを消去できます。トップから単語の追加も可能です。登録単語を長押しして編集、赤いXをタッチして消去ができます。

この小技は、いくつかのHTCスマートフォンで使用可能なようです。Droid Erisなどの、speech-to-textのアイコンがないものでは、タッチして(長押しではなく通常タッチ)同じようなメニューへと飛べるアイコンが、あるはずです。さらに、設定>言語とキーボード>Touch Input>ユーザー辞書、の順でもたどりつけます。他のAndroidでは上手くいかないよ! という方は、コメント欄での報告お待ちしております。

[How to Remove Misspelled Words from Your Android Dictionary]

Whitson Gordon (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next