特集
カテゴリー
タグ
メディア

バスタブ掃除の最終手段にオーブンクリーナーを使ってみた

定期的に掃除をしているつもりでも、長年使っていると、徐々に汚れが気になってくるバスタブ。にっちもさっちもいかなくなったら、最終手段として、オーブンクリーナーを使うという方法があるそうです。

生活術を紹介するブログメディア「TipNut」では、セラミック製のバスタブに、長年こびりついた汚れを落とす手段として、オーブンクリーナーを使った実例を、紹介しています。

この方法を実行するときには、注意点があります。ご存知のとおり、オーブンクリーナーは刺激が強いので、まずは、風呂場の窓を開けるなどして、換気をきちんと確保してから、お掃除を始めてください。また、クリーナーを吸い込みすぎないように、マスクで防御しましょう。

さて、換気確保とマスク着用ができたら、いざ掃除です。オーブンクリーナーをバスタブに吹きかけると、次第に黒や茶の汚れや、垢が浮き出てきます。そのまま2~3時間放置したのち、バスタブを洗い流すようにしましょう。

この例では、オーブンクリーナーによる、特段の害は見受けられなかったとのことですが、何せ強力すぎるパワーを持っていますから、この方法はくれぐれも「最終手段」として活用くださいね。

このほか、汚れが落ちにくいプラスチック製や、アクリル樹脂でできたバスタブには、数時間、洗濯洗剤でつけおきするのも効果ありだとか。また、グレープフルーツと岩塩のコンビで洗う、という方法もあります。まずは、これらのマイルドな方法を活用し、日ごろから、こまめに掃除する習慣をつけましょう。

Clean A Bathtub With Oven Cleaner [TipNut.com]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next