特集
カテゴリー
タグ
メディア

観光客が写り込んでしまった写真から美しい風景だけを取り出す方法

雄大な自然や見事な歴史的建造物など、普段なかなか訪れることができない場所に行くと、「この美しい風景を写真に残したい!」と思うのは人情。しかし、他の観光客の人々が、どうしても写り込んでしまうことも多々ありますね。そこでこちらでは、不要なものを取り除き、残したい風景だけを写真に残すための、とっておきの方法を、ご紹介しましょう。

オンライン画像共有プラットフォーム「Shutterstock」では、風景写真から観光客などの不要な被写体を取り除く方法を、紹介しています。必要なものは、三脚とPhotoshop。どちらも写真マニアならずとも、おなじみのアイテムですね。

具体的な手順は以下のとおり。

まずは撮影準備。

何枚か試し撮りして、「ここぞ!」というシーンが決まったら、三脚にカメラを設置しましょう。また、オートフォーカス機能はOFFにし、マニュアルフォーカスにすること。レンズの手振れ補修もOFFに。こうすることで対象シーンに存在する、すべての静止要素が写るようになるのです。

準備ができたら、いよいよ撮影開始。

シーンのすべての要素を撮れるように、多めに撮影しておくのがオススメです。

さて、自宅に戻ったら編集作業へ。

『Photoshop CS3 Extended』で撮影した、すべての画像を開きましょう。トップメニューから、「File>Scripts> Statistics」を順に選択し、「Choose Stacks Mode」のダイアログで「Median」を選びます。するとアラ不思議! 誰もいない風景だけの写真が出来上がりです。

撮影している間に消えてしまった雲を、写真に入れたい場合など、さらに修正を加えたいときは、撮影画像の中から欲しい部分を「拝借」して、合成することもできますよ。

このほか、風景写真から観光客を取り去る方法としては、ライフハッカーアーカイブ記事「美しい風景写真に入ってしまった観光客を消す方法」もご参考まで。

How to Make a People-Free Photo in a Crowded Place [Shutterstock]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next