特集
カテゴリー
タグ
メディア

3年にわたる戦いの末...、GoogleがYouTubeの著作権侵害裁判で勝訴

  • カテゴリー:
  • TOOL

2007年3月から始まったYouTubeの著作権侵害訴訟。MTVなどのケーブルテレビチャネルを持つ米メディアグループ・バイアコム(Viacom)は、同社が保有する動画コンテンツが「YouTube」に多数アップロードされていることに対して、YouTubeを運営するGoogleに損害賠償を求め、米ニューヨーク州連邦地方裁判所に提訴していました。かれこれ3年にわたるバイアコムとGoogleとのこの争いに、このほど、ひとつの判断が示されたそうです。

6月23日、同裁判所は、「Googleの主張を認める」という判決を下しました。米「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)」では、「インフラサービス事業者が違法動画削除に協力していることが認められれば、当該事業者は著作権侵害の責任を問われない」というセーフガード規定があるのですが、この判決では、YouTubeもこれに当たると判断されたのです

この判決に対し、原告のバイアコムが即日控訴。争いの場は、控訴裁判所に移されることになります。

デジタルコンテンツがますます増える中、「コンテンツの著作権侵害において、プラットフォームを運営する企業が法律上、どこまで責任を負うべきなのか?」というテーマとするこの訴訟は、インターネット上での著作権保護について、米国のみならず、世界全体のひとつの基準になるかも。この裁判のゆくえは、国内外から引き続き注目されそうです。

[Official Google Blog, AVC, TorrentFreak]

Kevin Purdy(原文/訳: 松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next