特集
カテゴリー
タグ
メディア

電化製品保証会社の調査資料では、ASUSと東芝製のノートPCは欠陥率が低いらしい

買ったばかりのパソコンがすぐに壊れてしまうことほど悲しいことはありません。だからこそ、新しいパソコンを買う前には、SquareTradeのような電化製品の保証会社が出す詳細な信用調査レポートで、一番信用のおけるパソコンはどれかをチェックするのです。

去年の末、保証会社は自社が保証している30,000台以上のノートパソコンの、欠陥率を調べた調査資料を発表しました。その資料は、パソコン購入前にはぜひチェックしておきたい情報が満載でした。例えば以下のような情報が載っています。

  • 3年以内のパソコン所有者のうち、31%の所有者がSquareTradeに欠陥を報告した。そのうち約3分の2(20.4%)はハードウェアに関する欠陥で、残りの約3分の1(10.6%)は不慮の事故による欠損だった。
  • 高価なノートパソコンよりも、安価なネットブックの方が20%以上もハードウェアの欠陥が多い。
  • ASUSと東芝は、3年以内にハードウェアに欠陥が出た製品が16%以下で、もっとも信用のおけるメーカーである。

他にもおもしろいデータがたくさんありますので、興味のある人は以下のリンクから全資料を見てみてくださいね。ちなみに、あなたのお気に入りのノートパソコンメーカーはどこですか? よければ、コメントで教えてください。

Laptop Reliability Report [SquareTrade via CNET]

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next