特集
カテゴリー
タグ
メディア

自動再生のダイアログボックスからウィルススキャンができる

PCリペアのツールとして定番のフラッシュメモリですが、ウィルス感染疑惑のあるPCで使用した際には、スキャンすべき対象ですよね。そこで今回は、ドライブを差し込んだ際に表示される、自動再生のダイアログボックスから、直接ウィルススキャンを行う方法を、ご紹介します。

いつもお世話になっている、How-To Geekのゲストライター、Ramesh氏が「ウィルスをスキャン」を、自動再生のダイアログボックスに追加できるレジストリハックを紹介しています。これにより、ドライブを差し込んですぐに、Microsoft Security Essentialsでドライブのスキャンを行うことができます。さらに、Windowsの自動再生の設定から、デフォルトにすることも可能です。

以下が、手順です。

1. Microsoft Security Essentialsをインストールします。

2. mseautoplay.zip(クリックするとダウンロード)をダウンロードして、解凍します。

3. スクリプトファイル、mseautoplay.vbsをWindowsのダイレクトリへ入れます。

4. mseautoplay.regをダブルクリック。

5. レジストリ追加を確認する、警告ダイアログが表示されるので「はい」をクリック。

6. 追加完了のメッセージが表示されるので「OK」をクリック。

CDやDVDなども、自動実行ダイアログボックスからスキャンできるようになる、素敵なレジストリハックなので、是非試してみて下さい。

Scan Your Thumb Drive for Viruses from the AutoPlay Dialog [How-To Geek]

How-To Geek (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next