特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google検索がSSL通信に対応、β版をリリース

もうお試しになりましたか。プライバシー保護強化に向けた取り組みの一環でGoogleが、Web検索時の通信データを『Secure Socket Layer』(SSL) で暗号化する検索サイト「https://www.google.com」のベータ版を公開しました。

アドレスバーの表示アドレスの冒頭、httpのあとに「s」を付けるのがポイント。端末と同社サーバ間の接続を暗号化で保護、検索キーワードおよび検索結果ページが第三者に傍受されるのを防いでくれます。

セキュアアクセスすると上の画像のように、ロック状態を示す鍵マークと「SSL」を表すアイコンが含まれたロゴが表示されるのですが、IT系情報サイト「TechCrunch」の日本語版サイトによるとChromeブラウザではとある変化が。アクセスすると「https」の文字が緑色となり、暗号化に問題が生じた際には赤文字となるそうです。

画像検索やGoogle Mapにはまだ対応しておらず、これらへのリンクは表示されません。通常のウェブ検索サービスでのみ使用可能です。ただし、暗号化処理が加わることで、通常の検索と比べるとやや遅く感じるかも。

また、SSL接続によりhttpsのページからhttpページに移動する場合、参照元ページ情報(リファラー情報)が送信されない点を注意すべき、とニュースサイト「INTERNET Watch」は指摘しています。実際の使い勝手やお気づきの点などコメント欄にぜひお声をお寄せ下さいませ。

[Official Google Blog]

Kevin Purdy(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next