特集
カテゴリー
タグ
メディア

体調が復活したら、ただちにお掃除するべき7つの場所

家庭系ブログメディア「Apartment Therapy」では、家族や同居人、さらには、自分自身を病気から守るためのコツとして、以下の7つの場所を掃除することを勧めています。

1: 寝具を変える

シーツや枕カバーなどを、ひと通り取り替えること。枕カバーの中にラベンダーのサシェを入れると、臭いが取れ、フレッシュに。

2: 歯ブラシを取り替える(または洗う)

歯ブラシのヘッドを取り替える。マニュアルの歯ブラシなら、丸ごと煮沸して洗ってもOK。

3: やかんを洗う

病気のとき、水分補給は必須。やかんでお湯をわかし、お茶などで体を温めることも効果的だ。その代わり元気になったら、ただちに、やかんをきれいに洗おう。

4: ドアノブを拭く

ドアノブは細菌の温床。ドアノブについた病原菌は、2日間も生き続けるという研究結果もある。きれいに拭いて清潔にしよう。とくに寝室やトイレのドアは念入りに。

5: シンクのまわりを拭く

洗面台、キッチンともに、シンクのまわりをきれいに拭く。

6: 冷蔵庫の取っ手を拭く

冷蔵庫の取っ手は忘れがちなポイント。きれいに拭こう。

7: サーモメーターをアルコールで拭く

部屋にサーモメーターをつけている場合は、アルコールで拭き掃除しよう。

体調が復活すると、つい病気から解放されたと思いがちですが、大事な家族を次の「犠牲者」にしないためにも、このようなちょっとしたフォローはお忘れなく。このほか、お部屋をウイルスから守るコツとしては「『あなたの部屋からウイルスが...』を防ぐ掃除のポイント14」もあわせてご参考まで。

Finally Feeling Better? 7 Places You Should Clean [Apartment Therapy]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next