特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Identity Finder』はパソコン上の個人情報を検索し、暗号化などをしてくれるツール

Windows:『Idetitiy Finder』は、ハードディスクをスキャンし、クレジットカード番号やパスワードなど、漏洩させるべきでない個人情報を発見してくれるフリーユティリティ

過去に紹介した『Sensitive Number Finder』と同様に、ファイルやブラウザデータなどを含むWindowsのユーザフォルダを検索し、クレジットカード番号やパスワードを探し出し、個人データが存在するかどうか、どこにあるのかを知らせてくれます。また、発見後の対応オプションも用意されていて、データを復元出来ない状態にするシュレッダーオプションやファイルの暗号化、隔離などが可能です。

他のスキャンプログラムと同様、誤検出の可能性もあるので、例えば、数ヶ月前に徹夜で書き上げたスクリプト内の16桁の数値がクレジットカード番号として検出される、なども想定できるので、データを削除する前に内容を確認して下さい。

それ以外の部分ではかなり便利なツールです。データの暗号化など、事前対策をしていたとしても、パソコン自体が盗難にあった場合に、どのような重要情報が一緒に盗まれてしまうのかを知る一つの参考として使ってみるのも良いのではないでしょうか?

Identity Finder』はWindowsのみのフリーダウンロード。フリーバージョンはクレジットカード番号、パスワードのみを検索可能なのですが、有償版では銀行口座番号などそれ以外の検索も可能となっていて、eメールメッセージなど、ユーザフォルダ以外のエリアからのスキャンも可能です。有償版にはMac版もありますよ。気になった方は試してみて下さい!

Identity Finder [via PC World]

Whitson Gordon (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next