特集
カテゴリー
タグ
メディア

スパイス瓶を揃えて、キッチンをスッキリみせる方法

市販されている瓶詰めのスパイスは、メーカーやブランドによって、形がまちまちですし、割高ですね。そこで、スパイス用の瓶を自分で揃えて、キッチンをスッキリさせる方法をご紹介しましょう。

ブログ「The Evil Mad Scientist」では、スパイス用の瓶を買い揃え、自分でラベルを貼ると、キッチンをスッキリとさせることができ、かつ節約にもつながると紹介しています。

具体的な方法は、以下のとおり。

1: スパイス瓶を買う

瓶詰めのスパイスを複数種類買い揃えるのも一法だが、割高になる。また、ラベルが大きすぎて、中味の量が見えづらい面も...。むしろ、スパイス用の瓶を買ったほうがお得。

2: ラベルを作る

瓶の大きさに合わせて、見やすいようにラベルを作ろう。

3: スパイスを買う

袋詰めになったものは割安なので、お得。

4: 収納棚を確保する

すべてのスパイスを陳列する必要はない。よく使うものだけを出しておけばOK。瓶に入りきらなかったストック分は、大きめの瓶やジッパー付の袋で保存し、適宜補充しよう。ちなみに、スパイス棚のDIY術については、ライフハッカーアーカイブ記事「シンプルで安いスパイス棚の作り方」や「スチール板に磁石付きの瓶を並べて収納するスパイスラック」もご参考まで。

5: スパイス瓶をディスプレイする

大きさと形のそろったスパイス瓶でディスプレイすれば、キッチンがシンプルですっきりする。

こちらの記事では、16-piece J.K. Adams setが活用されていますが、このほか、IKEAのスパイス瓶などもシンプルでよさそう。お近くの100円ショップで、お得なものを探してみるのもいいかもしれませんね。

How to Kick Ass and Take Names in the Spice Aisle [Evil Mad Scientist Laboratories]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next