特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebookプロフィールの一般公開されている情報を確認

Facebookの、新しいオープングラフAPIが人々を揺れ動かしていますが、多くのユーザーは、Facebookプロフィールのどの部分が一般に公開されているのか、分からないでいます。制作者のKa-Ping Yee氏がシンプルなウェブツールで、一般公開されている自分のプロフィール情報を確認する方法を紹介しています。

一般公開されている自分のプロフィールを確認するには、ツールを起動して、FacebookのIDを入力すればOKです。プロフィールページのurlの「facebook.com/」に続く文字がIDです(ユーザーネームを指定していない場合は、数字の羅列になっています)。もしくは、名前かメールアドレスから探すこともできます。

IDを入力すると、プロフィール情報がロードされます。「metadata」ボックス外の全てのユーザー情報が、一般公開となっています(例えば上記画像だと、リンクしているウェブサイトが全て一般公開)。metadataボックスの特定項目(好きな映画など)が、公開されているかどうかを確認するには、リンクをクリックします。もし空っぽであれば、一般公開されていません。しかし、一般公開されていないということは、自分のフレンドのフレンドには見えるということになるので、十分、公にさらされている状態ともいえます。よって、プライバシーの設定を今一度確認することを、オススメします。特定項目をクリックして、下のような画像が表示される場合、表示されているもの全てが一般に、そしてオープングラフAPIを使用しているウェブサイトに公開されているということになります。

100430facebookpublish2.jpg

Facebookには、プライバシー設定用のビルトインが既に導入されていますが、オープングラフは少々複雑なものなので、二重確認できる、このようなツールは非常にありがたいですね。これさえあれば、プライバシー問題で不眠の日々を過ごすことは、無くなりそうです。

What does Facebook publish about you and your friends? [via GigaOM]

Whitson Gordon (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next