特集
カテゴリー
タグ
メディア

Chromeの「about:memory」を使えば、ブラウザのスピード比較がサクっとできる

Chrome:『Google Chrome』のスピード面での優位性は、多く語られていますが、実際どれくらい速いのでしょうか?米テック系ブログメディア「How-To Geek」では、Chromeの「about:memory」を利用して、ブラウザのスピード比較を行いました

この記事によると、Chromeの「about:memory」を使えば、Chromeだけでなく、インストールされているすべてのブラウザのメモリ使用状況を調べられるのだとか。Chromeのアドレスバーに「about:memory」と入力するだけで、Chrome、Firefox、Internet Explorerなど、すべてのブラウザがどれくらいメモリを使っているかが、一目瞭然になります。

米Lifehacker編集部が、この機能を使ってテストした結果が、冒頭のスクリーンショット。Chromeを3つのウィンドウで、合計38個のタブを開き、Firefoxでは、2つのウィンドウで合計14のタブを開いたところ、Chromeは、ほんの20%程度のメモリ使用増で、170%も多くのタブを実行したことがわかったとのことです。

詳細な比較分析には、その他のテストやデータ計測も必要ですが、大まかな傾向を把握する上では「about:memory」も便利そうですね。主要ブラウザに関する、最新のスピード比較結果については、こちらの記事をどうぞ。

Stupid Geek Tricks: Compare Your Browser's Memory Usage with Google Chrome [How-To Geek]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next