特集
カテゴリー
タグ
メディア

メニューバーからサウンド設定が直接変更できるようになる『SoundSource』

  • カテゴリー:
  • TOOL

Macオンリー:頻繁にシステム環境設定を開いては「サウンド」で音の設定を変えている人には、『SoundSource』が便利ですよ。SoundSourceは、メニューバーに常駐するユーティリティアプリなので、メニューバーから簡単にボリューム設定や音声入力を変更できるようになります

例えばMacで何か音を録音する時に、ビルトインのマイクを使うのと、ライン入力を使うのとを切り替える際には、かなり便利だと思います。また、以前紹介したRaopXとSoundflowerを組み合わせた方法で、AirMac Expressで音楽を聴いたりしている人などにもいいでしょう。

SoundSourceをインストールすると、メニューバーにアイコンが出てきます。音声ソースや、出入力のボリュームを調整したい時は、メニューバーのアイコンをクリックして、プルダウンメニューで設定を変更できます。ちなみに、新しいSoundSourceアイコンが追加されるのではなく、デフォルトのボリュームアイコンと置き換わります。ここで設定できないところを変更したい場合は、このメニューから「システム環境設定 > サウンド」を開くこともできます。

米ライフハッカー記事のコメントで多くの方にご指摘いただいたように、この機能(出入力ソースの変更など)はSnow Leopard以降、ボリュームアイコンをOption+クリックすることで使えるようになっています。ですが、それ以外の機能もまだまだありますし、Snow Leopard以前のバージョンのOSを使っている人には、便利なユーティリティだと思いますよ。

SoundSourceはMac OS X 10.5以降のみ対応の、無料アプリです。

SoundSource [via One Thing Well]

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next