特集
カテゴリー
タグ
メディア

検知したBluetooth対応デバイスをレーダーマップ化する『Bluetooth Radar』

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windowsのみ:ファイル転送や音楽・動画のストリーミングなど、広く使われているBluetooth。PCはもちろん、携帯電話や携帯ゲーム機など、様々な電子機器に搭載されていますね。こちらでは、これらのデバイスを検知し、便利に一覧化してくれるWindows向けの無料ソフトウェアをご紹介しましょう。

『Bluetooth Radar』は、PCに接続されたデバイスはもちろん、周囲に「ただよっている」Bluetooth対応デバイスを検知してくれるソフトウェアです。レーダーのようなインターフェイスになっていて、周囲にあるデバイスをレーダーマップ上に一覧化。右クリックすると、接続オプションなどが表示される仕組みです。

このアプリケーションは、無料のオープンソース。Windowsのみの対応です。ダウンロードはこちらのページからどうぞ。

部屋のどこかに置き忘れたようだけれど見つからない携帯電話も、このソフトを使えば、サクっと「レーダーキャッチ」してくれるかもしれませんね(笑)。Bluetooth活用に関するライフハッカーアーカイブ記事としては、「ついにMac対応!Bluetooth接続電卓テンキーで机上すっきり!」や「データのやりとりには、フラッシュメモリよりもBluetoothが効率的」などもあわせてご参考まで。

Bluetooth Radar [via Addictive Tips]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next