特集
カテゴリー
タグ
メディア

タスクリストはホワイトボード用マーカーで目につくところへ書き込もう

抜かれるなら、度肝がいいよね。To Doリストはドライマーカー(dry erase marker、ホワイトボード用マーカーペン)で鏡に書くという米読者ayellenさんのコメントに筆者Jasonは度肝を抜かれました。

乾いた布で拭くと簡単に字を消すことができるので、用が終わったらすぐさま消去。何度も繰り返し書き消しでき、なんといっても目立ちます。リマインダー・ツールとして、オススメです。

早速私たちも浴室の鏡やガラス戸で試しましたが、玄関でチェックしたい方はドアに小さめのホワイトボードなどを取り付けると良いでしょう。目の前にあれば、慌ただしい朝でも見逃すことなく一日をスタートできますからね。発案者のコメントは以下にて。

私は鏡にTo-Doリストを作っています。鏡は常に持ち歩いているので、書き込んでおけば、必要なときにすぐ確認できるんです。それに、終わったタスクを消すときは自分の笑顔も見ることができますよ。

100427_02tasklist.jpg

実行する前に、ペンの取扱説明書で使用法などを確認するのをくれぐれもお忘れなく。消し跡が残っては、せっかくのTipが後味悪い結末になってしまいますから。

大切な用事を忘れないために、皆さんはどうしていますか。他に有効なタスク管理方法があれば、ぜひ教えてください。

Mirror Dry-Erase To Do List;[via #tips]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next