特集
カテゴリー
タグ
メディア

使い古したマスカラブラシはすきま掃除にぴったり

マスカラの寿命は約3ヶ月と言われています。使い終わって、ただ捨てるのはもったいない。歯ブラシのように、掃除道具として再利用してしまいましょう!

マスカラブラシは先が細長いため、キーボードのキートップの間など、手の届きにくい狭いところの掃除に適しているそうです。 まずは手始めに、使用済みのマスカラブラシの掃除から。小さめのボウルに温かいお湯をはり、マジックソープでおなじみの液状カスチール石鹸を2~3滴垂らします。

もしカスチール石鹸がなければ、シャンプーやアイメイク専用リムーバーでも代用可能です。

次にブラシをボウルの中へ約10分間浸し、綿棒などでブラシにこびりついている汚れをよく落として下さい。落ちにくい場合は、先に述べた洗浄液をブラシの上に直接2滴ほど垂らし、泡立てて洗うと汚れ落ちがよくなります。あらかた汚れをとった後はよくすすぎ、自然乾燥すれば、お掃除ブラシの出来上がりです。

生活全般に役立つ情報サイト「DIY Life」は向いている掃除場所として、キーボードのほかに以下の4箇所を挙げています:

いかがでしょう? 掃除道具以外の再活用法をご存知の方はぜひ教えて下さい。

Cheap Trick: Clean Tight Spaces with a Mascara Wand [DIY Life]

Contact information for this author is not available(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next