特集
カテゴリー
タグ
メディア

韓国旅行の際は使ってみて!

周回遅れで韓国にハマりつつある傍島です。

さて、韓国といえば、ケータイ王国、そうガジェット王国です。

昨年秋に出かけた時に、珍しがられたiPhoneはもう当たり前、発売間もないAndroid端末「MOTOROI」も早速使っている方を見かけました。ソウルの地下鉄では、車内でもケータイの電波が入るので、そうした端末を使って普通にメールをしたり通話して使っています。

そんな韓国ですが、ソウルの地下鉄で面白いガジェット(?)を見つけたので、ご紹介します。ご存知の方も居るかもしれませんが、ライフハッカーの読者であれば、興味津々なはずです。

続きは以下で。

ガジェットと言うには巨大ですが「デジタルビュー」と呼ばれる端末がホームに設置されています。

この端末、縦長の大きな画面が特徴的ですが、今風のユーザーインタフェースを装い、今風のタッチで操作します(マルチタッチには未対応)。

100411seoul02.JPG

端末は、インターネット電話や路線検索などの機能を持っているようですが、私(傍島)が使ったのは地図機能です。地図は、Googleマップの航空写真のような状態で、ドラッグでスクロールしたり、拡大・縮小することができます。また、ストリートビューのような機能があるので、地上に出る前に駅周辺や目的の周りを確認できます。また、周辺のスポット情報も表示されていたので、これで目星を付けてから移動することもできます。

100411seoul03.JPG

慣れない異国の地では、ガイドブックや地図が欠かせませんが、結構かさばって荷物になります。この端末を活用すれば、現地では簡単な地図で済ませることができ、荷物を減らすことができ、身軽な状態で行動できるかもしれません。仕事や観光で韓国へ行かれた際は、是非とも使ってみて下さい。(ただ、ハングルが分からないと、操作は野生の感に頼るだけですが...)。

しかし、韓国人のIT機器に対するセンスの良さには脱帽です。日本の地下鉄にも同じ端末が欲しいものです。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next