特集
カテゴリー
タグ
メディア

NYのソーホーに突如として現れた「車体のないシート」。その意味は?

3月31日と4月3日、NYのユニオンスクエアやソーホーなど4ヶ所に突如として現れた「車体のないシート」。

座席に座ると、そこから見えるのはいつも車に乗っているときとはちがった風景。風や周囲の音を直に感じることができる、というアイディア。

このユニークなスタントは、A Journey to Zeroが提唱するゼロ・エミッション(CO2や排出ガスをゼロに近づけていこうという考え方)モビリティがもたらすライフスタイルを表現しているのです。

そして、以下のYouTube動画を見て頂くと、より表現したいものが伝わってきます。

これはゼロ・エミッションカー(電気自動車)のある日常を示唆しているのでしょうか? 特にクラクション、ウィンカーなどのサウンドのユニークさに注目です。

☆「Drive on Chairs」
※くわしくはこちら

ずっと昔に忘れていた、毎日の営みの音をイメージしませんか? 日だまりの中の、鳥のさえずりや、なんてことのない会話‥。

これまでの自動車からは考えもつかないさまざまな音が、電気自動車のために作られているかもしれませんよ。

我々はこれまでの街の喧噪を「当たり前」と捉えすぎていたかもしれません。たとえ車を運転しなかったとしても、私たちの生活は大きく変わるかもしれないことを、こうした試みから予感できます。

A Journey to Zero

(尾田和実)

swiper-button-prev
swiper-button-next