特集
カテゴリー
タグ
メディア

Office 2010をSkyDriveでクラウド化する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL

米ギーク系ブログメディア「Download Squad」では、SkyDriveを「Z: ドライブ」にして『Office 2010(ベータ版)』を使う方法を説明しています。詳しくは、こちらの記事(英文)をご参照いただくとして、大まかな流れは以下のとおりです。

事前の準備としては、『Office 2010(ベータ版)』を入手し、Windows Live accountがあることを、まず確認しましょう。

では、本題へ。

『Office 2010』のPowerpointを開き、新規作成でダミーファイルを作成→サブメニューで、「ウェブに保存」を選択します(冒頭画像参照)。

保存先にSkyDriveを指定。ログインすれば、保存場所として選ぶことができます。これをクリックすると、Windowsのアドレスバーに、保存場所のロケーションが表示されます。このパスをコピーしておきましょう

100427skydrive_office2010.jpg

Windowsのスタートメニューでコンピュータを右クリックし、ネットワークドライブを選びます。ドライブに先ほどコピーしたパスを貼りつけ、SkyDriveをマップし「ドライブに再接続」を選択しましょう。ただし、この再接続には、WindowsのログインとWindows Liveアカウントを関連づけるための『Windows 7 online ID provider』が必要です。

100427skydrive_office2010_2.jpg

こうすると、SkyDriveの25GBもの容量を「外付けドライブ」風にゲットしたような感じになります。SyncToyを使えば、デスクトップとの同期もバッチリ。ウェブからはもちろん、複数のWindowsマシンからアクセスできるのは便利ですね。

Use Office 2010 to map a local drive letter to your free 25GB Live SkyDrive [Download Squad]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next