特集
カテゴリー
タグ
メディア

悲観主義者に贈る、「失敗」だけでなく「成功」もさらなる成功の母

「失敗は成功の母」。過去の失敗を振り返り、その原因を明らかにすることは、成功につながる第一歩ですね。では、過去に「うまくいったこと」はどうでしょう?米心理学誌「Psychology Today」では、このテーマについて述べています。

ゲルフ大学の心理学者Ian Newby-Clark氏は、過去の失敗に目を向けることと同様、過去うまくいったことも注目すべきだと説いています。

ヒトは、過去の行動を繰り返してしまいがちなもの。よって、失敗した過去をきちんと振り返り、その原因を考え、行動を修正していかないと、同じ過ちをおかしてしまう恐れがあるわけです。「過去の失敗に学ぶ」というのは、この点で有益なことに違いありません。

では、うまくいったときはどうでしょう?

結果オーライとばかりに、意外に「なぜうまくいったのか?」の振り返りは、軽視しているかもしれません。しかし、うまくいかないときと同様、うまくいったときには、理由や原因があるはず。これを明らかにすることで、真の達成感や満足感が得られるだけでなく、今後も変えずに継続すべき行動や姿勢は何か?などを、知ることができますよ。

良いことも悪いことも、自身の経験を客観的に振り返ることで、明日の成功へのヒントや道が見えてくるのかもしれません。失敗にばかり目がいき、ついクヨクヨしがちな方は、ぜひ、うまくいったことにもきちんと目を配り、これからの糧にしていってくださいね。

What Went Right? [Psychology Today]

Erica Ho(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next