特集
カテゴリー
タグ
メディア

ネットの字幕付き動画でお勉強

編集委員のひらたです。4月ももう後半、みなさま新しい環境にももうそろそろ慣れてきたころでしょうか。

新しい環境にふれるとなにかと、なにかやりたい気分が高まってくるような気がします。ゴールデンウィークに突入して腑抜けてしまうそのまえに、そんな気分をうまく活かして、新しいことを学ぶチャンスです。ということで、最近、自分が個人的に最近おすすめの学習方法を紹介します。というのは、動画の字幕機能を使って英語のヒアリング力を鍛える方法です。

動画の字幕というと、ニコニコ動画字幕.inなどが有名ですが、今日のネタは日本語字幕や翻訳字幕の話ではありません。字幕をどうつかうのかというと、英語のスピーチなどを英語字幕で読む、まあ、いってみればただそれだけです。

そんなの DVD のドラマや映画でできるじゃないか、とおっしゃられるかと思いますが、そのとおりです。ただ、やろうと思えばできるのですが、ドラマや映画だけでなく、バラエティーに富んださまざまな動画がたくさんあるのがいいところかと思います。また、スピーチ演説などの英語字幕は比較的忠実に書かれています。いわゆる演説記録、Transcript ですね。

例えば、YouTube だと、動画の下のスピーカーと解像度の間に [cc] と書かれているのが字幕(クローズドキャプション)が用意されている動画です。

通常字幕というと、英語や外国語の音声にあわせて「日本語」で表示されることを期待されるかと思いますが、ここでねらっているは、英語の動画に英語の字幕を表示すること。おはずかしながら、英語のヒアリングがとても苦手で、英語でなにをいっているのか、相手に問い直すことが非常に多いのです。当然、動画でながれている英文も何度いってもなんの単語か分からないときがありますが、字幕があれば大丈夫。文字で書かれているのでしっかり「読み」とることができます。聞きとれない単語がでてきても、なんども読みとった上で、聞き直すこともできるので、うれしいですね。

YouTube に字幕機能がついて、これは便利と使いはじめたのですが、字幕がついている動画は案外多くありません。というのは、よく調べると字幕は動画をアップロードした人が付けるもののようだからです。そういうときは「検索」したあと、検索オプションを展開して「機能」のところのクローズドキャプションをクリックすると、いいです。NASAの動画やオバマ大統領のインタビューなど、比較的ポピュラーな話題のものをみつけやすかったです。

■NASA | Einstein's Cosmic Speed Limit

■The YouTube Interview with President Obama

さらに、個人的なおすすめは TED の動画です。TED は国際的なカンファレンスで Technology, Entertainment, Design の略だそうです。魅力的なスピーカーによるプレゼンテーションの動画がたくさんあります。

例えば、リチャード・セント・ジョンの「成功者だけが知る、8つの秘密!」などはすごい密度の高いプレゼンテーションです。時間はわずか3分少々。この時間なら英語でも集中して聞くことができますよね?

TEDの動画の時間は3分前後から20分くらいのものまでいろいろ公開されているのです。また、字幕付きで見るだけでなく、スピーチの内容をそのままテキストで見ることもできるようになっています。

サイトの、動画の右側 Open Interactive Transcript というところをクリックすると、テキストがあらわれてきます。テキストをクリックすると、その部分を再生してくれるという便利さ。内容も素晴しいので飽きることなく英語を聞いて、内容についても勉強になる、一石二鳥ですね。TED のほうはボランティアベースの翻訳プロジェクトのおかげで、翻訳が充実していて、英語、日本語だけでなく、今日時点で75言語もサポートしています。英語以外を勉強するにもいいですね、きっと。

ということで、字幕をサポートした動画サイトをうまくつかってお勉強してみましょう、というお話でした。ゴールデンウィークを暇に過ごしてしまいそうな方は、いまからぜひ試してみてください!

ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)

swiper-button-prev
swiper-button-next