特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Ctrl+Z」は打ち間違い以外も元に戻せる!

元に戻す」の機能を持つ、キーボードショートカット「Ctrl Z」。PCを使い始めた人が、3番目くらいに教わる技かもしれません。しかしこの「Ctrl Z」が、打ち間違いを元に戻す以外にも使えること、知っていましたか?米ライフハッカー読者のPrarie Moon氏が、打ち間違い以外の場面で「Ctrl Z」を活用する方法を教授してくれています。

MicrosoftはCtrl Zの機能に関して、あまり詳細な説明をしていません。実際の機能は、Windowsのほぼ全てのアプリケーションにおいて「一番最後に行ったアクションを元に戻せる」です。誤ってファイルを消してしまった場合でも、Ctrl Zを行えば、すぐに元に戻せます。Prairie Moon氏が言うように、ゴミ箱から元に戻すよりも、お手軽です(OS XのCmd Zでも大体同じことができます)。

    Windowsでは、CTRL Zは打ち間違いを元に戻す以外にも、下記のことができます。

  • ゴミ箱行きにしたファイルを、元に戻せる。複数のファイルを一回で消去してしまった場合は、全部元に戻せる。
  • ファイルの名前変更の間違いを、元に戻せる。間違えてすぐであれば、複数の名前変更を元に戻すことも可能。

能力は一つだけ行動を元に戻せる...公正にだ、といった印象です。「Ctrl Z」には、他にも秘められた能力があることを知ってるぜ!という方は、コメント欄への記入をお願いいたします。

Ctrl Z [#tips]

Kevin Purdy (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next