特集
カテゴリー
タグ
メディア

アイドリングストップ!尻を叩いてくれるToDo管理ウェブアプリ「To→done」

Todo系アプリはiPhone向けをはじめ、無料のものがたくさんあります。いろいろ試してみても、それぞれ一長一短。 お気に入りを探すというのは楽しくもあり難儀でもあり。本日は一風変わったWebアプリケーション(β版)を見つけてきました。

To→done」は高機能ではありませんが、ぐずぐずしないでスグやる!と ビシバシ仕切ってくれます。サイトの説明で「悪い気分にさせません。ミルク&クッキーのようなもの」と自称するならば、お手並み拝見。実際に米編集部で試してみました。

ログインしなくても利用できますが、ログインしないで編集すると、ブラウザを閉じた際に入力内容が消えてしまう恐れがあるとして、サイト側はログイン推奨です。なので、ログインめんどくせ、という方にとっては、「今日中にやる仕事」のような短期のタスク向けかもしれません。ログインしない方は、ブラウザを閉じないようご注意を。

それでは手順をば。

初めに、各タスクと作業時間の見積もりをどんどん入力していきます。「I need to」に続く空欄へ「やるべきタスク(作業内容)」を書き込み、その先にある「下向き黒三角」をクリックすると表示される選択肢の中から、最も近い所要時間を一つ選んだら、文末の矢印(→)をクリックして下さい。タスクが保存されます。

下の画像だと、「write a story(記事を執筆する)」タスクに掛かる時間は15分。要するに「15分で記事を書かねばならんのじゃー!」という文を完成させるという仕組みです。同じ要領で必要に応じて繰り返しタスクを登録してください。入力し終えた後、手持ちぶさたな空白の時間が出来たら、またこのサイトに戻ってきましょう。何をすべきか教えてくれます。

100414todone02.jpg

15分空いているとしたら、「I have」に続く時間表示から「15minutes(15分)」を選び、文末の矢印(→)をクリックします。すると下の画像のように、先に入力したタスクの中から、選択した時間に合ったタスクをランダム表示してくれます。さて結果は?

100414todone03.jpg

このWebページから去り、今すぐ記事を書いた方がいい。終わるまで戻ってくるな。真剣(マジ)で!!とのメッセージが。ちなみに日本語でタスクを入力すると、「You should 日本語タスク名 now.」と表示されました。

アイドリングの様に最低限の回転でダラダラ作業を続けがちな人には、こういった渇入れ系アプリも良いのではないでしょうか。原文のコメント欄には読者の方が試した結果のスクリーンショットが掲載されています。最初にすべきことは...なので、一通り読み終えたらぜひお試しを。

To→done

Erica Ho(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next