特集
カテゴリー
タグ
メディア

Firefox3.6は3.5に比べクラッシュ率が30%低いという調査結果

  • カテゴリー:
  • TOOL

Firefoxを3.6にアップグレードしてから、動作が安定したような...。ただの勘違い?それともFirefoxびいきだから?いいえ、どうやら気のせいではないようです。Firefoxは3.6となり、安定感が向上したことが、数字で証明されました

Mozillaのとった統計によると、Firefox3.6は以前のバージョンに比べ、30%安定感が向上し、クラッシュの発生率は歴代のバージョンに比べ、40%減少したとのことです。Mozilla Linksでは、「ユーザー100人で、1日あたり6.5回クラッシュしていたのが、1日あたり2.5回に減少した」とレポートしています。

さらに、以前紹介した、Firefox Lorentz ベータ版の、プラグイン独立機能が、次のFirefox公式版に採用されれば、クラッシュ率はより減少するはずです。ブラウザ選びに迷っているという方は、クラッシュ率の低さも、判断基準にしてみるといいかもしれません。

[Mozilla Metrics Blog via Mozilla Links]

Adam Pash (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next