特集
カテゴリー
タグ
メディア

大量のメールでどうにもならないときの究極の策「メール清算宣言」

米LifehackerのAdam Pash編集長は、大量のメールでどうにもならなくなったら、潔くいったん「清算」することを勧めています。放置すれば、メールは溜まる一方ですから、ある時点でスパっと、これをゼロクリアしてしまうのです。

では、具体的にはどうやるのでしょう?

シンプルですが、少々勇気が必要です。すべてのメールをいったんアーカイブし、メールをやり取りしている人々みんなに「メールボックスの清算宣言」をするのです。こうすれば、相手方はみな、あなたのメールボックスがゼロクリアされたことを知ることができます。

もちろん、「清算宣言」は新たなスタートの第一歩。未読メールで、再び受信ボックスがてんこ盛りにならないよう、日々の整理整頓を今度こそ、実践しましょう。

メール整理術としては、ライフハッカーアーカイブ記事「たった3つの質問で大量のメールが効率よくさばける」なども参考になりますよ。また、複数のメンバーでコミュニケーションし合う場合は、メールではなく、GoogleWaveのような、コラボ向きのプラットフォームを活用するのも一法です。まずは、「清算宣言」しなくてよい状態をつくること。そして、どうにもならなくなったときの緊急策として、この「清算宣言」を発動してくださいね。

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next