特集
カテゴリー
タグ
メディア

日焼け止めのコストを安く上げるためのちょっとした生活の知恵

毎年夏になると、日焼け止めを買い直している気がします。去年の日焼け止めが残っていたとしても、半年以上放置したものを肌に付けるのは何となく抵抗があるし、油分が劣化している気もします。

でも、日焼け止めって意外と安くないですよね。そこで、日焼け止めのコストを安く上げるための、ちょっとした生活の知恵がありましたので、そちらをご紹介しましょう。

日焼け止めを買う時は、日焼け止めコーナーに行くのではなく、ボディローションコーナーに行くのです。最近のボディローションは、SPF(紫外線防止指数)付きのものが多いので、それを日焼け止め代わりに買いましょう。日焼け止めよりもボディローションの方が、大抵値段が安いです。

ボディローションのSPF値は、最高で15まであるそうなので、日常的に使う日焼け止めとしては、十分です。海水浴やゴルフなど、強い日差しを受け続ける場合は、SPF値の高い日焼け止めを使って、生活日焼け防止には、SPF付きのボディローションを使うという風に、使い分けてもいいでしょう。

また、日焼け止めのSPF値の最高は70らしいので、SPF値の高い日焼け止めを買って、安いボディローションと混ぜ、薄めながら使うという手もあります。日焼け止めとボディローションは、安く買って、賢く使い分けるのがポイントのようですね。

Sunscreen Savings: How to Spend 50 Percent Less without Even Trying [Wisebread]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next