特集
カテゴリー
タグ
メディア

保存容器のラベルには、「テープ+油性ペン」で決まり!

パパママのためのハック系ブログメディア「Parent Hacks」では、保存容器のラベルにまつわる生活術を紹介しています。

保存容器のラベル付けでは、書いた文字が消えてしまわないことが必須ですが、かつ、ラベルがあとではがしやすいと便利。そこでこの記事では、試行錯誤の結果、マスキングテープなど粘着力があまり強くないテープの上に、油性ペンで書くのが、シンプルでカンタンだと述べています。あとではがしやすいように、テープの一方の端を折っておくのがポイントとのことですよ。

ちなみに、「いつか何かの保存で使えるかも...」と取っておいたはいいけれど、結局戸棚にいれっぱなしになっている不用ビンの活用術については、過去記事の「空き瓶でシェルフをDIY」、「まぁ、ちゃんと」さんのインスタントコーヒーの空き瓶活用法や、「関心空間」さんで紹介されている、ペリエ瓶を香辛料入れにする方法なども参考にどうぞ。

Tape Sharpie Becomes Easy-Pull Labels for Bottles, Jars and Cups [Parent Hacks]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next