特集
カテゴリー
タグ
メディア

新規タブにGoogleタスクを表示させる、Google Chrome拡張機能「New Tab to Tasks」

Google Chrome:仕事をマネジメントする上で、タスクリストは必須アイテムですが、入力したあと閉じっぱなしでは、せっかくのリストがもったいないですよね。定期的に目に触れさせ、これを意識させることが、仕事の完遂につながります。そこでGoogleタスクを、ブラウザの前面にグっと押し出してくれるGoogle Chromeの拡張機能をご紹介しましょう。

生産性向上をテーマとする「Stepcase Lifehack」では、「Googleタスク」をGoogle Chromeの新規タブで常に表示させるための拡張機能「New Tab to Tasks」を採り上げています。タスクの追加や修正はできず、あくまでも閲覧のみですが、新規タブを開くたびに自分のタスクが現れるので、タスクやミッション達成への意識が高まるという効果が期待されるそうですよ。ご関心のある方は、こちらのページからインストールをどうぞ。

この記事によると、「New Tab to Tasks」のほか、新規タブにまつわる拡張機能としては、新規タブにブランクページを表示させる「Empty New Tab Page」、時計を表示させる「New Tab with Clock

」、お気に入り一覧を表示する「New Tab Favorites」、指定した4つのウェブサイトのアイコンが現れる「Fav4 New Tab Page」などがあるそうです。あわせてご参考まで。

New Tab to Tasks [Google Chrome Extensions via Stepcase Lifehack]

Jason Fitzpatrick(原文/訳: 松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next