特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分が死んだらSNSはどうなる? Facebookの場合

ギズモード・ジャパンより転載:あなたもいつかは死にます。

死ぬと真っ先に故人を偲ぶ場となるのが、あなたのオンライン資産(SNSのプロフィール、ブログのコメント、Webサービスなど)。あなたのSNSはいつ死んでも大丈夫?

という話じゃなく、ここでは死後具体的にどう進行するのか、Facebookを例にとって見てみましょう。

Facebookは、あなたのデジタル霊廟に揺るぎなく聳える墓碑です。基本そこに行けば生前の思い出が全部詰まっていますからね。タイムスタンプ付きのコメント、個人情報の山、写真(う、写真...)。SNSは誰かが亡くなると知り合いが最初に駆けつける場であり、悲劇的最期を遂げたり公人だったりした場合はマスコミが初動で情報収集に馳せ参じる場でもあります。

Facebookも自分たちの役割りは承知しているらしく、遺族のためのヘルプページは万全です。もうそこに行けば故人のプロフィールの扱い方も全部わかりますよ、はい。遺族に残されたオプションは以下の通りです。

• アカウント墓碑化申請: アカウントをデジタルの墓碑に。これはFacebookが実際提供しているサービスです。

以下の情報を提出いただくと... 当社側で当人のアカウントを墓碑に変えて差し上げることもできます。アカウントを墓碑化すると、ステータス更新などの微妙な情報を削除し、プロフィールへのアクセスを当人確認が取れたご友人のみに変更が可能です。

まあ、無難なオプションでしょうね。故人のプライバシーをある程度守りつつ、残された人たちの思い出は永久に消さなくて済みますから...と、なんだか読んでるだけで胸が塞がってきますが、幸いサイトには空欄を埋めるだけで済む申請フォームもございます。

• アカウント閉鎖: 墓碑化のFAQにはこんな1行も。

近親者からご依頼があれば、アカウント完全閉鎖のご要望にもお応えしております。

閉じてしまいたいアカウントだって、そりゃありますわな。これは特別な依頼(これも申請フォームで行う)をすると完全削除できます。ただし故人の親か配偶者じゃないと無理と思ってください。

続きを読む

swiper-button-prev
swiper-button-next