特集
カテゴリー
タグ
メディア

カメラを使って内気な自分にさよなら!ハロー新しい自分!

集まりなんかに顔を出しても、ついつい人目につかない隅っこの方に行ってしまう内気な方がその内気さを克服するためには写真を撮ることが効果的である、と写真家David Hurnさんがアドバイスしています。

Hurnさんは数十年のキャリアを持つ、ジェームスボンドのトレードマークとなった写真でも有名なベテランカメラマンですが、彼ももともと新しい人と会って話すことが苦手だったそうです。軍隊にいた間、趣味でやっていた写真が、彼の内気さの克服をどう助けてくれたか、ということについて下記の言葉を述べています。:

私はひどくシャイなのですが、好奇心に満ちあふれています。カメラはその内気さを克服する手助けをしてくれました。カメラの後ろに隠れていれば良いわけですし、写真撮影というのはいろいろな場所へ行くちょうど良い理由付けにもなります。礼儀正しく、誠実な態度で人と接すれば、人は自分を受け入れてくれます。

つまりは受け入れてもらうことを学んだことにより、彼は自分の内気さを克服出来たのではないでしょうか?

恐怖心を乗り越えるにはそれに対してある意味鈍感になる必要がある場合が多いかと思いますが、彼の場合、カメラという道具を介してその恐怖心に打ち勝っていったという様子が伺えますね。

Use Photography To Overcome Shyness [Lifehacker AU]

Adam Pash (原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next