特集
カテゴリー
タグ
メディア

[PR]まとめ:20代から始めるお金知識を磨く3つのポイント

Sponsored

明日から新入社員という方に、そして今日が給料日だという方にも。

誰も教えてくれないわりには、知らないまま過ごすと結構大きな損にもなりかねないのが、お金に関する知識です。この5週に亘って、3つのキャンペーンを絶賛実施中のDMM FX PR記事をお送りしましたが、今回はその総集編。初めての給料日を迎える前に、ちょっと知っておいたほうがいいお金の知識を磨く、3つのポイントをご紹介

その1:バランス感覚を磨く

倹約は誰でもいつでもできますが、モノやサービスに対して相応の対価を払うのはある程度のレベルを知らないと判断しにくいものです。たとえば、いつもマクドナルドばかりだと、それがハンバーガーの基準になってしまい、わずか数百円の差を惜しんでいい物を選べなくなるなんてことも。お金に関する知識と一緒に、自分がお金を使っているものの相対的なレベルを一度、価格比較サイトなどで調べてみるといいですよ。世界経済の動きを知るという意味ではFXの口座を持っておくのも一案。証券会社が提供する経済情報は、一般的なニュースポータルよりも奥深いですよ。

【参考記事】

[PR]FXでマネーのバランス感覚を磨く3つの豆知識

[PR]為替相場の客観性を確かめる、簡単な方法

残る2つのポイントは以下にて。

その2:税金に関する知識はとても重要

月末、給与明細を手に取る人も多いかと思いますが、自分が会社から支払われている金額のうちどれくらいが税金・各種保険料になっているか、知っていますか? 会社任せにするのは楽ですが、もしこの税金を各種控除で軽減することができるなら、自分で確定申告する気が起こってくるかも。身近なところでは会社の経理の人、または知り合いの税理士・FPの人に、自分が対象となる控除がないかどうか聞いてみるのがいいでしょう。でもまったく知らないと、質問のしようがありませんので、確定申告の本や国税庁のタックスアンサー、そしてライフハッカー[日本版]の資産運用の記事などを参考に、税についての基礎知識を高めましょう。FX関連の税金の話では下の参考記事もどうぞ。

【参考記事】

[PR]取引所FXの意外な弱点

[PR]FXの収入を、副業と疑われないようにするTips

その3:ネットでいち早く金融情報を収集

先日、日経新聞の電子版がスタートしたことも、従来の紙メディアがネット経由の情報発信に危機感を感じている、現れと言えるかもしれません。ライフハッカー読者の皆様はかなりご存知のことかと思いますが、Googleガジェット、iPhone、そしてWindowsでもMacでも情報収集できるようにしておくのが、情報収集の第一歩。先ほども書きましたが、証券会社に口座を持つと、経済新聞を取るよりもお手軽&リーズナブルに経済情報が得られますよ

【参考記事】

[PR]iGoogleで為替チェックができる「リアルタイムレートガジェット」

[PR]DMM FXはMacユーザー向けFXと言っていいかもしれない件について

DMM FX

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next