特集
カテゴリー
タグ
メディア

バーチャライゼーションサポートのプロセッサ無しでもWindows XPモードの実行が可能に

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows XPモードは、Windows 7ユーザーに古いソフトウェアのサポートをしてくれる機能です。つい最近まで、このWindows XPモードを使用するには、AMD-V、もしくはIntel VTのプロセッサが必要でした。しかし、先日のアップデートにより、その必要がなくなり、XPモードの使い勝手が格段に向上しました。

Windows 7ユーザーで、古いプログラムを使用したくても、ハードウェアのバーチャライゼーションに対応したプロセッサが無くて...と涙を飲んでいた人には、嬉しいアップデートです。XPモードのアップデートを、是非チェックしてください。Intel、もしくはAMDプロセッサー使用者は今まで通り、多くの恩恵に預かれますが、今後XPモードに関しては使用者でなくても実行可能です。古いプログラムと互換を取りたい方は試してみてください。

XPモードのアップデートを行ったら、こちらもご覧になってみてください。VMWareイメージを使用してどのバージョンのWindows(リンク先英語)でもXPモードを実行する方法や、VirtualBoxでXPモードを実行する方法もありますので、興味のある方はそちらも参照してみてください。

Windows XP Mode now accessible to more PCs [Windows 7 Team Blog via OSNews]

Kevin Purdy (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next