特集
カテゴリー
タグ
メディア

まるっとバックアップしてGmail容量にゆとりを

New York TimesのJ.D.Biersdorfer氏は、消したくないメールに永遠の別れを告げなければならないことを心配するよりも、過去メールの保管専用に、新たなGmailアカウントを作り、そこへメールをバックアップすることを推奨しています。バックアップさえしてしまえば、メインに使っているアカウント内のメールを消去する時に、余計な心配をしなくてもいいというわけです。

この方法ではGmailのPOPアクセスを利用して、全てのメールをメインのアカウントから、保管専用のアカウントへ転送します。記事冒頭以外の過去記事にも、その他効果的なGmailバックアップ法が載っていますので、そちらもご覧になってみてください(その1その2)。

Gmailの容量の限界に慌てふためく前に、こまめにメール整理、そしてバックアップをしていきましょう。

When Gmail Overflows [NYT]

Adam Pash (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next