特集
カテゴリー
タグ
メディア

人的ネットワーキング形成のための、賢い5つのステップ

仕事にまつわるネットワーキングイベントや勉強会、はたまた婚カツパーティまで...。ほぼ初対面の人々と限られた時間で、効率よくネットワークを広げるためには、果敢な勇気とともに、それなりの「戦略」も必要ですね。こちらでは、賢く効率的にネットワーキングするためのコツをご紹介しましょう。

生産性向上がテーマのブログ「Stepcase Lifehack」では、効率的なソーシャルネットワーキングのために必要なポイントとして、以下の5つのステップを挙げています。

  1. そのイベントにおける目標を設定しよう
    目論見なくイベントや会議に参加するのは、時間の無駄。「何を得るためにこのイベントに参加するのか?」を考え、現実的な目標を定めよう。
  2. ターゲットを特定し、事前リサーチしよう
    イベント参加における目標を設定したら、これを実現するためのターゲットを見つけよう。事前に参加者リストをチェックするなどして、コンタクトする相手を絞り込んでおく。ターゲットが見つかったら、ブログやTwitterなどでリサーチを行い、実際に会う前に相手のことをできるだけ知っておくことも、ポイント。
  3. イベント用名札やスマートフォンを賢く利用しよう
    いざ、イベント本番。事前のリサーチなどから絞り込んだターゲットの名前を、イベント用の名札などに小さくメモしておくと、多くの人々の中から「意中の相手」を探しやすい。また、実際に会った印象やゲットできた連絡先は、忘れないうちに携帯電話などでメモを残しておくこと。
  4. 自分の価値をきちんとアピールしよう
    ターゲットの相手をただ追いかけるだけでなく、相手にとっても自分は価値のある人物だということを、きちんとアピールしよう。ただし、押し付けがましいアピールは逆効果。相手の警戒心を解くためにも、和やかな会話を心がけ、ときに聞き手にまわるくらいの余裕を持つこと。
  5. 事後フォローを忘れずに
    事前リサーチや当日の立ち振る舞いはもちろん大切だが、同様に重要なのがフォロー。知り合ったら、3日以内にコンタクトしよう。いきなり電話するよりは、カンタンな挨拶メールからスタートするほうが無難だ。相手から返信をもらえれば、まずは成功!
  6. この5つのステップは、仕事上でのネットワーク構築に役立つのはもちろんのこと、恋愛のファーストステップとしても応用できるかも?!このコツをうまく活用し、素敵な出会いをモノにしてみてくださいね。

    5 Steps to Conquer Any Networking Event [Stepcase Lifehack]

    Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next