特集
カテゴリー
タグ
メディア

スーパーに長時間置いてある野菜は、実は栄養価が高いという知られざる事実

ほうれん草や、レタスなどの葉もの野菜は、スーパーの陳列棚に長い時間置いていると、栄養が損なわれるような気がしますが、実はまったく逆で、栄養価は上がるのだそうです。

テキサス州の植物生理学者Dr. Gene Lester は、葉もの野菜に多く含まれる栄養素ビタミンA、B、Cなどは、光合成によって生成されるものだと分かっていましたが、スーパーで照明に照らされ続けている野菜も、光合成を続けるのかどうかは疑問に思っていました。

そこで、スーパーによくある葉もの野菜のパックを2つ買ってきて、1つはプラスチックパックに入れたまま約3度の温度に保ち、照明を常に当て続けるという、スーパーと同じ環境に置きました。もう1つは、他の条件は同じで、照明は当てずに、暗い環境に置きました。9日間放置した結果、照明を当て続けた野菜の方がビタミン含有量が多かったそうです。

もちろん、プラスチックパックの中の野菜は幾分しなびていましたが、これは光合成に水が必要だったからだろうということです。またパックの底の方にあった野菜は、十分な光を浴びていないため、上の方の野菜に比べると栄養価の違いは見られなかったそうです。

ということは、プラスチックパックを底の浅いものにすれば、陳列棚に長時間置いていても、中の野菜はほとんど悪くならないどころか、どんどん栄養価が上がっていくということです。製造日から日にちが経っているパック野菜は、これまでは古くてダメなような感じがしていましたが、栄養価が上がっていると思えば、これからは買いやすくなりそうですね。

Greens Get a Boost Under the Glow of the Supermarket [The New York Times]

Lisa Hoover(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next