特集
カテゴリー
タグ
メディア

イヤホンを清潔に保つためのお手入れ術

通勤通学やジョギング、ジムでのエクセサイズなどなど、イヤホンは現代人の大切なお供ですね。しかし、このお手入れとなると、意外と気を使っていないかも。そこでこちらでは、イヤホンのお掃除術についてご紹介します。

イヤホンは想像以上に早く汚れてしまうもののようです。とくに、耳の穴に入れるタイプのイヤホンは密閉された設計になっているので、外耳道の熱を上げ、耳からの油分などを促すとのこと。

とはいえ機械ですから、水でジャブジャブ洗うというわけにはいきませんね。水に浸けると、ケーブルなどが壊れてしまいます。ギーク系ブログメディア「GeekSugar」では、以下のお手入れのコツを挙げています。ちなみに、お手入れするときは、イヤホンを必ずプレイヤー本体から取り外しておきましょう。

  • 石けんやぬるま湯といった、刺激の少ないもので拭く。くれぐれも水に浸けたりしないこと。
  • 少量の石けんを含ませた布を使う。石けんが多すぎると、イヤホンに石けんかすが残ってしまうので気をつけること。
  • イヤホンの金属部分で汚れやホコリが目立つ場合は、乾いた歯ブラシでブラッシングする。
  • Apple In-Ear Headphones」など一部のイヤホンでは、シリコンカバーの取り外しができるようになっている。カバーだけ取り外して、きれいにすると便利。

「使わないときはカバンにいれっぱなし」という方もいらっしゃるかもしれませんが、空気中のホコリや細菌がイヤホンにくっついてしまうと、耳から体にそれらが侵入してくるリスクも...。知らず知らずのうちに、ばい菌まみれにならないよう、イヤホンも定期的にキレイにしてあげましょうね。

How-To: Spring Clean Your Earbuds [GeekSugar]

Jason Fitzpatrick(原文/訳: 松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next