特集
カテゴリー
タグ
メディア

オフラインでもアップデートを可能にしてくれる『AutoPatcher』がWindows 7に対応

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows:『AutoPatcher』は、Windowsアップデートのインストールをオフライン中や、マルチシステム上で、パパッと行ってくれる、小さいながらもパワフルなユーティリティです。この度、そのAutoPatcherが、Windows 7に対応されました。これでWindows 7のユーザーにも、システムをいつ、どうやってアップデートするかの選択権を増やしてくれます。

以前、接続速度の遅い環境にいる方々や、少量のアップデートしか必要のない方々には、公式のMicrosoftアップデートよりも、はるかに手軽に使えると、米ライフハッカーはAutoPatcherをオススメしていました。オンラインでアップデートする必要がなく、CDに焼くなどしておけば、WindowsのどのPCでも使用できるのが最大の利点です。ただ、自動的にアップデートが更新されないので、更新情報をチェックする必要があります

今回のバージョンを使うには、まずダウンロードして「apup」を起動します。すると、AutoPatcherは最新のアップデートから、独自にプログラムを組み上げます。それが済んだら、ダウンロードされたフォルダからAutoPatcherを起動し、どのアップデートをダウンロード、インストールするかを選択します。ポータブルアプリのため、前述の通り他のWindowsのシステムでも使うことができますWindows 7に限らず、XPやVista、その他のWindows OSでも使用可能です。

AutoPatcherはWindows専用の無料ダウンロードツールです。

AutoPatcher 5.6.0.100 and ApUp 1.3 [AutoPatcher Blog]

Kevin Purdy (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next