特集
カテゴリー
タグ
メディア

[PR]DMM FXはMacユーザー向けFXと言っていいかもしれない件について

Sponsored

はいはい、Macは対象外...じゃないですと...!

フリーソフト界隈にもよくありがちなことで、長年のMacユーザーには慣れっこですよね。「ただしWindowsに限る」なんて話は。

あまたある証券会社の提供するトレードツールにも、同じようなことがよくありますが、DMM FXのPC用トレードツールはすべてWindowsと同様にMacでも使えるんです。

1000306macfx_02.jpg
※クリックで拡大

DMM FXの取引ツールはAdobe Flexを利用し、対応Webブラウザであれば、OSはWindowsでもMacでもOK。ちなみにMacではFirefoxとSafariに対応しています。OSのバージョンは10.4、10.5が推奨されていますが、使ってみたところ10.6の環境でも利用可能でした。Windowsでは、IEにも対応しています。

100306macfx_04.jpg

取引ツールのなかにあるウインドウの1つ「チャート」の右上にある「多機能チャート」も、取引をサポートするツールです。上のキャプチャの赤丸部分をクリックすると、ブラウザ上の取引ツールとは別に、Java Web Start用のファイル(拡張子:jnlp)がダウンロードされます。ダウンロードしたファイルは、ダブルクリックすれば自動で起動します。

100306macfx_03.jpg
※クリックで拡大

起動したのがこちら。ブラウザとは別にスタンドアロンで使える「多機能チャート」。こちらももちろんMac対応です。デュアルモニタユーザーなら、一方にこの多機能チャートを、もう一方に取引ツールを表示して、取引すると便利です。

こちらの取引ツールも多機能チャートは、DMM FXでの口座を持つ前に、実際とほぼ同じものを使用することができますよ。「ほぼ同じ」と言われると突っ込みたくなるのが人情ですが、本番環境と異なるのは「入出金の指示」と「携帯メールアドレスの登録」の2つができないだけとのこと。

DMM FXはMacユーザー向けFXと言っていいかもしれない所以は、Macユーザーでも、Windowsと差のない環境で取引できる点なのです。そんなDMM FXは2つのキャンペーンも絶賛実施中。MacユーザーでFXに興味がある、という方はこの機会にぜひお試しあれ。キャンペーンはWindowsユーザーも対象ですから、Winユーザーもぜひ。

DMM FX

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next