特集
カテゴリー
タグ
メディア

オシャレなランプシェードを風船と毛糸でDIY

部屋のオシャレ度は、置いてある家具のみならず、電灯ひとつでもグッっと変わるもの。そこでこちらでは、モダン調のランプシェードを毛糸と風船で作ってしまおうというDIY術をご紹介しましょう。

毛糸小物の作り方などを紹介しているブログ「Pickles」では、毛糸を使ってランプの傘を自作する方法を画像付で説明しています。詳しくはこちらの記事をご参照いただくとして、概要はこんな具合です。

材料として、まず以下のものをご用意ください。

  • ゴム風船 1つ
  • 毛糸2玉 (綿・アクリルが適している)
  • ワセリン
  • 油性マーカー
  • 水性ボンド
  • ペーパークロス

では、以下のステップに従って、レッツトライ!

ステップ1: 毛糸をボンドに入れて混ぜ、毛糸にボンドを絡ませる

ステップ2: 風船を適当な大きさに膨らませ、ワセリンを薄く塗る

ステップ3: ランプをつるすものよりも1~2センチ小さいサイズで、風船の口に油性マーカーで円を描いておく

ステップ4: 風船をつるし、グルグル回しながら、ステップ3で描いた円の部分を除き、毛糸を巻きつけていく。最初は垂直に巻き、次第に水平方向に巻くようにするとよい。

ステップ5: 24時間程度放置し、十分乾かす

ステップ6: 風船をしぼませ、これを取り出せば、ランプシェードの出来上がり!

ポイントは、風船を一気に割らずに、糸を風船からうまく剥がしながら、徐々に風船をしぼませていくことだそう。せっかくの丸い形が壊れてしまわないように気をつけましょう。

この構造は、その昔、文化祭などで作ったハリボテと似ていますね。このランプシェードと同様のものとしては、タコ糸でランプシェードを作る方法というのも、子供の自由研究ネタの定番のようで、専用キットも販売されています。お子さんのいる方は、休日にお子さんと一緒に取り組むのも楽しいかも!?ご関心のある方は一度やってみてくださいね。

Whirl-it Lampshade [via Re-Nest]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next