特集
カテゴリー
タグ
メディア

Flashもどんなプラグインも使わない、HTML5でサクサク動くペイントアプリ「Sketchpad」

HTML5はいつになったらスタンダードな仕様になるの?」と思っている人は多いと思います。その兆しとも思えるような、驚くべきアプリがありました。「Sketchpad」は、なんとFlashもShockwaveもその他のプラグインも何も使わない、HTML5を使ったオンラインのペイントアプリなのです。

Sketchpadは、カラーピックアップアプリ「Colorjack」の制作チームによるもので、JavascriptとHTML5の可能性を感じさせてくれます。丸や多角形をツールで作ってそれに色を付けることができるなど、昔のWindowsの「ペイント」と同じようなことは大体できます

パレットなどツールのウィンドウをあちこち開きっぱなしにして使えるので、ツールとしてもとても使いやすいと思います。FIrefox 3.6だとドラッグ&ドロップでファイルを読み込むこともでき、Webアプリなのにデスクトップアプリさながらの機能があります。

100217sketchpad.jpg

Sketchpadで作った画像を保存したい時は、保存アイコンをクリックするとブラウザの新規タブが開くので、そこから保存することができます。

Sketchpadは無料で使用可能です。HTML5対応のブラウザであれば使うことができるので、iPod TouchやAndroidなどのモバイルデバイスで使えるものもありますよ。ぜひHTML5の世界を体験してみてください。

Sketchpad [Colorjack via DZone]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next