特集
カテゴリー
タグ
メディア

痩せたかったら食欲自体を無くせばいいさ。食欲を抑える10の方法

食欲というのは、単純にお腹が空いたかどうかだけでなく、精神状態や状況によっても変わるものです。例えば、ストレスが溜まっているから、何もすることが無くてヒマだから、ただお昼ご飯の時間だからというだけでも、本当にお腹が空いていないのにご飯を食べてしまうこともあります。

ですが、本当にお腹が空いていない時にまでご飯を食べていたら、当然ですが太ります。たくさん食べて太った後で体重を落とすのは大変ですから、食べる前に食欲を抑えるというのは、大事なダイエットハックです。

とは言うものの、自分の意思だけで食欲を抑えらたら苦労はありませんよね。今回は、自然と食欲が無くなっていく方法をご紹介しましょう。

1.歯みがきをする。

歯みがきをした直後の口だと食事が美味しく感じられないので、あまりご飯を食べたくなりませんよね。その状態を利用するために、お腹が空いたら歯みがきをするのです。マウスウォッシュでもOKです。

2.水やお茶を飲む。

お腹が空いたら、水やお茶(ハーブティーなど)を飲みます。コーヒーや紅茶など、カフェイン入りの飲み物には食欲を抑える働きもあります。「茶腹も一時」と言うくらいなので、それほど長い時間は持ちませんから、お腹が空いたら何度も飲んでください。ただし、痩せたいなら砂糖は入れちゃダメですよ。

3.運動をする。

有酸素運動もウェイトトレーニングも、一時的に食欲を抑制する効果があります。有酸素運動の方がより効果的です。食べない上に運動すれば簡単に痩せられそうですが、当然ながら運動後の食欲は倍増するものなので、くれぐれも食べ過ぎないようにしてくださいね。

4.気分が悪くなる写真や映像を見る。

自分がすごく太っていて不細工に写っている写真や、何かの外科手術中の映像など、自分が思わず「う...」と嫌な気分になるものを見ましょう。現物が無い時は、そういうイメージやシーンを想像するだけでも結構いけます。

5.食欲が失せるような事をする。

例えば、トイレや排水口の掃除などビジュアル的に食欲が失せる事でもいいですし、溜まった書類やDMの整理など精神的に食欲が失せる事でもOKです。

6.臭い匂いを嗅ぐ。

トイレでも、タバコでも、きっつ〜い香水の匂いでも、自分が「オェッ」と思う匂いなら何でもいいです。正直ここまでやりたいとは思わないですが、これまでの方法でダメだった場合はやむを得ません。

7.低カロリーでお腹に溜まるものを食べる。

どうしても食欲が抑えられない時は、しょうがないので食べましょう。ただし、カロリーが低くてお腹に溜まるサラダや水分多めのスープなどがいいと思います。きゅうりに塩だけつけてかじった、なんて話も聞きます。

8.繊維質の多い食材を摂る。

繊維質の多い食材はカロリーが低い上に、便秘を解消してくれるなど、ダイエッターには欠かせない食材ですが、食欲を抑える効果もあるそうです。野菜やきのこ類などをしっかり食べましょう。

9.ゆっくり食べる。満腹中枢が働き始めるには、ご飯を食べ始めてから20分ほど掛かると言われています。ですから、食事を始めてから20分以内にガーッとお腹いっぱい食べてしまわないこと。ゆっくりと食べるのが苦手な人は、一度に噛む回数を増やしたり、スプーンやフォークのサイズを小さくしてみるといいですよ。

10.十分な睡眠をとる。

睡眠時間が少ないと、肥満を抑制するレプチンというホルモンの値が低下します。血中にレプチンが増えると満腹中枢が刺激され食欲が低下するメカニズムになっているので、この値が低下すると肥満になりやすくなるのです。最近よく眠れないという人は「まとめ:決定版!快眠ハック15選」をどうぞ。

Decrease Your Appetite [wikiHow]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next