特集
カテゴリー
タグ
メディア

電源タップ+USB充電タップ=便利すぎて歓喜!!

ミニマリストのみなさん、お元気ですか?

とにかくコードを少なく、すっきりしたい、できればなくしたい...という方法論に日夜頭を悩まし続けるみなさんが、必ず頭を抱えるのは電源タップまわり。デュアルディスプレイは便利だけどその分電源も多くなる、その他iPhoneだ、充電パックだ、デジカメだなんだかんだと、増える一方。最後はカオスになり自暴自棄。一番避けたい事態ですよね。

そんな苦境を一刻もはやく清算すべく、「iPhone・iPod touch ラボ」の記事を読んで以前から気になっていたあるブツを、ビッ●カメラでお買い物ついでにゲットしてきました。上の写真をみれば一目瞭然すぎてネタばれなのですが、以下へと続きます。

usb.jpg

こちらがそのブツ、BUFFALO BSTA24W20WHです。普通に4つながる電源タップだと思いきや、USB充電ポートを2機搭載。iPhoneをはじめ、オフィスでPCからUSB充電している方って意外と多いと思います。そんな時にポイント高いのが、USB充電の母艦となるPCをいちいち立ち上げたりする手間なく、さくっとコンセントから充電できてしまう点。コードの数が少なくなるというメリットはもはや言わずもがなですね。最初の写真では充電パックをつないだ状態で接続していますが、本体と充電パックを別々に同時充電、なんて芸当もこれなら楽勝です。


desk_tap.jpg

このようにマグネットでデスクの下に装着可能。電源まわりだけでなくUSB充電のスティルス化にも一役買いそうです。ちなみに、こちらのUSBポートは充電専用でデータ通信などはできませんのでご注意くださいね。

BUFFALO BSTA24Wシリーズ [via iPhone・iPod touch ラボ

(尾田和実)

swiper-button-prev
swiper-button-next