特集
カテゴリー
タグ
メディア

赤・白・スパークリング、飲み残しワインのそれぞれの活用法

そんなときには、もったいなーいと残念がるよりも、気分をすぱっと切り替えて別の道を考えましょう。赤・白・泡、それぞれにあった活用方法をまとめてみましたよ。

●赤ワイン

  • 肉料理に使う。
  • 1/3ほどに煮詰めたものを冷凍保存。以後、料理に使う。
  • スパイスやフルーツを加えて、ホットワインやサングリアをつくる。
  • ゼリーなどをつくる。

●白ワイン

  • 魚介類の料理に使う。
  • 香味野菜を一緒に煮詰めたものを裏ごしして冷凍保存。以後、料理に使う。
  • 柑橘系のフルーツ果肉や果汁を加えて、ワインカクテルをつくる。
  • フルーツのコンポートなどをつくる。

●シャンパーニュやスプマンテなどのスパークリングワイン

  • シャンパーニュ地方の伝統的なスープ、玉ねぎのシャンパーニュ煮をつくる。
  • シャーベットやゼリーをつくる。

基本的にはどのワインもあれこれお料理やデザートに活用できるので、なにしろまずは捨てないでおくことが大切! くわしい作り方はレシピサイトなどで検索してみてくださいね。また、お風呂に入れて香りを楽しむ、なーんて方法もありますよ。ワインにはAHA酸が含まれているのでお肌にいいらしい!? クレオパトラも大好きだったといわれています。

(eccentrics)

swiper-button-prev
swiper-button-next