特集
カテゴリー
タグ
メディア

しわしわになったジャガイモを、捨てるべからず

秋冬はジャガイモがおいしいシーズン。とはいえ、だからこそ実家からどっさり送られてきたりして、食べきれずに余ったジャガイモが台所に眠っていたりしませんか?

だんだんしわしわになってきて、もうダメかも? と思えるジャガイモ。でも捨てるのは、ちょっと待って! なんと、シャガイモはこれから春にかけてどんどん甘くなるんだそうですよ。

「こだわり食材。デミ姐屋」サイト内の「野菜ソムリエみどりさんのこんな話あんな話」では、そんなジャガイモの秘密(!?)が紹介されています。

実は、ジャガイモ、保存しておくと、どんどんとあまーくなっていったりするんですよ。ジャガイモが芽を出さないように上手に保存すると、ジャガイモのなかで「でんぷん」として蓄えられた栄養分は、どんどんと糖分に変化してくるのです。

秋に収穫したジャガイモを春まで保存すると、あら不思議。少ししわしわになったジャガイモさんの中身はとっても甘くなってくるんです。まったく同じジャガイモでも、採れたてと長期保存後とではまったく違った味が楽しめたりします。

でんぷん質よりもジャガイモの甘味を感じたいとき、春先に出回る北海道のジャガイモを探してみてくださいね。みかけはしわしわになっていても、その皮の中では、甘味を増したジャガイモたちがあなたに食べてもらえる時を待っています。

ちなみに保存のコツは、「リンゴと一緒に保存する」こと。リンゴが出すエチレンというガスが、ジャガイモの芽を出しにくくしてくれるそうですよ。くわしくはネタ元をご覧いただいて、春まで続くおいしいじゃがいも生活、楽しみましょう!

ジャガイモの話

(eccentrics)

swiper-button-prev
swiper-button-next