特集
カテゴリー
タグ
メディア

移動時間は、やみくもに時短・短縮を目指すだけではダメ!

移動時間は、やみくもに時短・短縮を目指すだけではダメ!
Image: Shutterstock.com

米ビジネス誌「Harvard Business Review」では、遅刻の原因は必ずしも怠けグセやだらしないこととは限らず、むしろ過度な効率化志向が遅刻を引き起こすと指摘しています。

移動時間を"無駄な時間"と捉えるがゆえ、できるだけ短くしようとしすぎてしまい、移動時間を極端に少なく見積もって予定を立ててしまうので、結果的に遅刻してしまうわけ。

実際、移動時間を劇的に短くすることは不可能なわけですから、これは所与のものとしてスケジュール立てするほうが望ましいそうです。

移動時間は、短縮でなく活用する

つまり、移動時間は「いかに短縮するか?」ではなく「いかに活用するか?」が重要。

移動時間をその先の会議や打ち合わせのための"ウォーミングアップ"に充てるのです。

話のシナリオ立てを考えたり、資料を読み返したりと、きちんと準備した状態で先方を訪れるのと、予定ギリギリ(もしくは遅刻)してバタバタと走りこむのとでは、成果にも差が表れるはず。

移動時間はケチらず余裕を持って確保し、その時間を仕事の成果のために有効に使う、というほうがかえって効率的というわけです。

あわせて読みたい

朝の出勤時間を早めると得られる8つのメリット

迷うコストをなくす、「即断即決」習慣を身につける方法

大きなプロジェクト失敗の裏には、必ず小さなミスがある


Source: Harvard Business Review

Lisa Hoover(原文/松岡由希子)

訳: 松岡由希子

swiper-button-prev
swiper-button-next