特集
カテゴリー
タグ
メディア

デスクトップとiPhoneのテキスト共有が素早く賢くできるアプリ「Pastefire」

パソコンのブラウザで見ていたサイトを、iPhoneでも見たいと思ったらどうしますか? 大半の人は、iPhoneにメールでURLを送ると思います。そういう時は、デスクトップの情報を簡単にiPhoneと共有できる賢いアプリ『Pastefireを使うといいですよ。

まず、パソコンのブラウザでPastefireのサイトにアクセスし、Copy Zoneを開きます。Copy Zoneで、iPhone/iPod Touchに送りたいテキストと、メールアドレスとパスワードを入力します。テキストの文字数制限は255文字なので、Twitter2回分弱というところでしょうか。

次に、PastefireアプリをiPhone/iPod Touchにダウンロードします。Pastefireを開いて、先ほどパソコンで入力したメールアドレスとパスワードを入れます。すると、先ほどCopyZoneに入れたテキストが自動的に共有されています。そして、Pastefireのもっとも特徴的で便利な機能の紹介へと続きます。

このアプリを使うと、メールでテキストを送るよりもはるかに簡単で、数倍も速くテキストを共有することができます。その上、共有したテキストの内容を分析し、例えばURLを共有した場合はSafariへのリンクを、テキストを共有した場合はWikipediaやTwitterのリンクを、電話番号を共有した場合はiPhone の通話やSkypeのリンクを、それぞれ下に表示してくれます。この気の利いた機能が、かなり使いやすいポイントだと思います。

Pastefireは無料ダウンロードできる、iPhone/iPod Touchのアプリです。ちょっとしたテキストをよくiPhoneに送っているという人にオススメです。

Pastefire [via TechCrunch]

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next